インターネットで診療予約ができます
かんたんいますぐねっとよやくインターネットで診療予約ができます

2017年9月







10 11 12 13

14

15

16

17

18

19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30







午前休診 午後休診 休診

2017年10月

2
3 4

5

6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



午前休診 午後休診 休診

南台歯科医院
〒350-1165
 埼玉県川越市南台2-8-8
TEL:049-246-3337
FAX:049-246-3567
【受付時間】
9:00~13:00/14:30~18:30
【定休日】木曜日、日曜日、祝祭日

スポーツ歯科

マウスガードは口の中の保護装置で、どんなものかといえば「ボクシング選手がはめているマウスピース」といえばお分かりただけると思います。
マウスピース、マウスプロテクターなどとも呼ばれています。
マウスガードは外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折や、顎の骨折、口の中・口の外の軟組織のケガを 防止するものです。脳震盪の防止にもなります。

マウスガードは、上顎の歯につけることが多いのですが、スポーツによっては下のほうだけ、あるいは上下につけることもあります。
衝撃を加えたときの頭蓋骨の変形量また頭蓋内圧の変化を測定した結果ではマウスガード装着時は未装着時の約50%という調査結果も出ています。

今、ボクシング、K-1、アメフト、ラクロス、ラグビー(一部)、空手 (流派による)など義務化されているスポーツ以外にもコンタクトスポーツをする選手は装着をすることをお薦めします。

注意

マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節を痛めるなど、かえって危険なことがあります。
歯科医院で型をとって精密に作るものが安全です。

当院での製作費

はじめての場合(模型製作とマウスガード製作):5,400円

再生の場合(磨耗して穴が開いてしまったり口をあけたとき落ちてくる場合など):3,240円

クラブ活動の生徒さんや学生さんはご相談下さい。

明日のスポーツを担う若者のために格安で提供します。

マウスガードの効果

 ▶  歯と顎関節の保護
歯と顎の形に合ったマウスガードにより、衝撃を緩和させ歯や顎のケガを防ぎます。
 ▶  脳震盪(のうしんとう)の予防
サッカー(ヘディング)やラグビーなどは、歯を食いしばることで衝撃や脳の揺れを軽減できます。
 ▶  顎の骨折の予防
マウスガードのクッションにより、衝撃の強さを分散することができます。